HOME>アーカイブ>卒業後はホテル業界で活躍できる!専門学校で資格取得を目指そう

卒業後はホテル業界で活躍できる!専門学校で資格取得を目指そう

鍵

ホテル業界で働くなら専門学校で学んでおこう!

ホテルで働きたいなら、専門学校に行くことをお勧めします。ホテル業界を知り尽くした講師陣から本物のホスピタリティを学べるだけでなく、実習で実際のホテル業務を体験することができるため、卒業後は即戦力となって働くことができるからです。

ホテル

資格取得も目指せる

ホテルビジネス実務検定(H検定)やレストランサービス技能検定、観光英語検定など、専門学校では様々な資格の取得も目指せます。こういった検定に挑戦することで、自身のホテルマンとしてのポテンシャルを伸ばすことができます。

ホテルで働きたい人必見!専門学校に通うメリット5選

受付

知識を得る

専門学校というプロを養成するための学びの場で、ホテルマンとして必要な知識を身につけることができます。

実技を学ぶ

実際のホテルでの接客を想定した実習を行うことにより、おもてなしの心を身をもって学ぶことができます。

現実を知る

ホテル業界を熟知しているその道のプロから、机上の空論ではない、現実的な学びを得ることができます。

仲間を得る

ホテルマンを目指す仲間ができるだけでなく、卒業後も専門学校でつちかったコネクションを生かせます。

就職に有利

ホテル専門学校は就職に強く、ホテル側も一定の業界知識を持つ人材を重宝し、採用を行っています。

マナーが身に付くホテル接客

ホテル業務を経験し、実際にお客様と接することで、ホテルマンに求められる本物のマナーが身につきます。

ホテルと旅館の違いとは?

ホスピタリティ

ホテルでは担当スタッフが、旅館では仲居さんが様々なサービスを担当してくれます。また、ほとんどの旅館には温泉がついているところが特徴です。

食事

ホテルの場合はレストランでの朝食がついているプランも多く、ほかにもルームサービスを利用することができます。旅館の場合は夕食付きのプランも多く、お部屋で食事を楽しむこともできます。

将来はホテルで接客のプロを目指そう!

大変ながらも、やりがいも多いホテルのお仕事。あなたも、一流のホテルマンを目指して学んでみませんか?

広告募集中